F
2018年7月10日火曜日

國立先生のブログセミナー@大阪に参加してきました!






どうも、個別指導スプリングの塾長です。




7月8日の日曜日、大阪へ國立先生のブログセミナーを受講しに行って来ました。

國立先生ありがとうございました。

また、お話して頂いたみなさんありがとうございました。

また熱い出会いがたくさんありました。

でも今日はそのお話ではなくブログについてのお話!




相思相愛の生徒に来てもらうために


私はあんまりセミナーって得意ではない(学生時代から授業を受けるのが下手)のですが、講師が國立先生ってこともあり今回は速攻飛びつきました。

こないだのブログフェスよりもかなり突っ込んだお話も聞けて、あっという間の3時間でした。

やはり授業って講師がすばらしいと時間が立つのが早い。

でも普段教える立場だから思うんですが、授業って生徒が前のめりだとさらによいものに

私はかなり前のめりの生徒でしたよ、最前列の席に陣取りましたしね(笑)(←めっちゃ良い生徒)

セミナー受けながらブログであれ書きたい、これも書きたいってな感じで頭がぐるぐる動くわけです。

これが理想の授業だろうと。

講師と生徒の熱量が同じだとやはりとんでもなく面白い授業になると。

やはり生徒の頭を動かしていく授業をせねばいかんな~などブログに関係ないところにも思いを馳せたりしていました。(そこは集中しろ!笑)

でもこういう気付きがまた私をパワーアップさせるわけで、もうセミナー中に10個くらい記事のタイトル考えちゃいましたので、早速タイトルだけの記事を下書き保存しましたよ。

そうです、私は下書き保存の鬼。

実際世にでるかどうかはわかりません(笑)

それにしてもやはり相思相愛の生徒さんや保護者さんに来てもらうというブログへの思いは強くなりましたね。

ただそこまでの道のりはまだまだ果てしない。

こんなにもおいしい情報を頂いてしまって良いのでしょうかというくらい國立先生渾身のセミナーでした。

今回さっそくこの記事で実践じゃーと思ったんですけどね、アイキャッチに使う写真と思ったら、トップの國立先生の写真以外、酒しか写っていないという…(*_*)

こういうところやね。

アンテナはらねば。つねに。

ということで当日の様子は國立先生のブログを参考にしてください。



ということで本日は何もいかせてはいませんが、貴様は何を学んできたのだとか言わないでね。

なにごともゆっくりコツコツですよ\(^o^)/

冗談はさておき、学んだことはたくさんあったのですが、その中でひとつだけご紹介。







自分のブログを客観視してみた

やはりセミナーを受けて自分のブログを客観視してみるのはとてもおもしろいですね。

いうてそんなたいそうなことじゃないんですがね。

セミナー中、自分の記事の配分を考えてみましょうっていう時間があったのですが、これまで考えたこともなかったので新鮮でした。


  1. 「困った」を解決する記事
  2. ローカルな情報を書く記事
  3. 教室の空気感を伝える記事
  4. 塾長の人柄を伝える記事

自分の書いている記事をこの4つに分類してみようってことやったんですが、多分私は割合的にこうかな↓

  1. 「困った」を解決する記事 60%
  2. ローカルな情報を書く記事 10%
  3. 教室の空気感を伝える記事 10%
  4. 塾長の人柄を伝える記事  20%

流石にいかんなと。

そろそろ「2.ローカルな情報を書く記事」を増やさんとね。

確かに最近、滋賀や大阪からの問い合わせが増えているわけだ。

あかん、完全に戦略間違えとる…(笑)

ローカルな情報ってやはり大切だなと。

ただ、ひたすら悪口になりそうな気がして避けてたんですが、先人たちの記事を参考に頑張っていこう。

あと1.「困った」を解決する記事なんですがね。

中学生や高校生は意識してたんですが、保護者さんを意識してなかったなーっと。

結構会員の保護者さんにも読んでいただいてるのはわかっていたのですが、なかなかダイレクトに保護者さんに届けたい記事は書いてなかったんですよね。

今ちょうど、某カリスマ塾長とTwitterでやいのやいのやらして頂いてたんですが、ついさっき熱~いブログをまたアップされてました。

こっそり紹介しておこう(笑)







まさにこういうの書かないとな~とガツンとやられましたね。

大阪のブログセミナーにも何故か登場する慧真館のりんごくん先生(笑)

毎度毎度、熱量が半端ない。

こりゃあお母さんも動くわね。

こないだも言ったように私のテーマは「自分の熱で人を動かす」なので、子どもたちだけでなく保護者さんにも熱湯ぶっかけてみたいなと。

これは一番の収穫。




誰に向けてブログを書いていますか?


ブログセミナーで質問されました。

「ちょっと同業の方へ…」

こう答えました(笑)

もちろん、「通塾圏内の保護者に向けて」と「自塾の生徒に向けて」がメインというお話なのですが、前から書いているように多少同業の方を意識して書いている部分があります。

第一にはどうしてもブログで共感してもらった人をリクルートしたいという野望があるからなんですよね。

相思相愛の社員や講師を採用したいじゃないですか。費用かけずに(笑)

こないだの奈良遠征記なんかはおもいきり同業向けなんですが、そういうのだけでなくとも意識しているところはありますし、最近特に強くなってきたかなと。

だから意識しているといっても同業の方に役立つ情報とか塾経営とはみたいなのは一切書いていないのですね。書きたくても書くものがないんですが…笑

あくまで生徒向けの記事を書くときに、これ読んであの先生はどう思うだろうとかそんな感じです。

やらしい考えは別にして、保護者さんや生徒たちからよりも同業の方のほうが会って直接感想を言ってくださるので、ブログでスプリングや私のイメージをどう持たれるのかわかりやすいんですよね。

その成果か、最近出会った方からやたら「熱い」という言葉をいただけるようになりました(笑)

会ったときにイメージ通りの先生ですねって言ってもらえるかは結構気にしています。

見た目とかじゃなくキャラですよ(笑)

それがずれているブログは書いちゃいかんなと。

いやでしょ、ブログではいいこと言っているのに教室では全然違うみたいなの(笑)

そういう意味ではちゃんとブログは自己紹介になっているかな。

ブログでキャラ作りしているわけではなく、なが~い自己紹介をしている感じ

だから勉強法書いていても、受験情報書いてても、どうしてもそっち方向に走るんですよね。

「4.塾長の人柄を伝える記事」は100%なのかなと。

あまり趣味の話とかはブログでは書いてないんですけどね。Twitterはバンバン出してますが(笑)



あ~、そうそう、今日こんなツイートしました。





この勉強犬先生のブログもね、先生の人柄が溢れ出て、もはや肉汁じゅわ~って感じです。

凄いおもしろいなと思うブログ書いている先生たちって、みなさんどんな内容の記事でもそのひとの空気感がしっかり出ていると思うんですよね。

文体にその人がちゃんとのってる。

わたしは塾って、個人塾はもちろん、たとえ大手であってもその教室の室長の空気感が絶対にある。

ないとこは潰れるわけです。ただの箱に人は集まらん。

そういう意味では、さきほどの「3.教室の空気感を伝える記事 」っていう分類なんですけど直接こういう記事を書かなくても出せる空気感てのもあるなと。

ということで、少し色々狙って書きながらもより一層私の「熱」っぽさをだしていかねばならんなと。

てことでブログのタイトルを変えよう。

たしか今は「塾長ブログ」とかだったかな。しょーもない(笑)

ということで思いついたのがこれら。

個別指導スプリング塾長の「熱湯ぶっかけブログ」

ん?だめ?

とりあえずこっそり変えてまた同業の方の意見を聞こう。

コメントお待ちしております(笑)





こんなことを書くつもりではなかったのに


いやほんとはね、セミナー受けて、私の使ってる「blogger」てどないやねん!とか言いながら私がこのbloggerでどれだけ苦労したか語ったりしようかと思ったんですがね。

んでこれまたセミナーを受けて、やっぱりシンプルなテーマに戻すかーとか、でも確か最初引き継いだときは白無地のシンプルなテーマだったのが、確かスマホ表示の方になんかのCSSが効かなかったんでいまのこのワチャワチャした感じになったんだよなーとか。

スマホ表示の画像サイズがどうしても変わらんとか、hタグの話とか、右サイドバーに何表示しているかとか、見出しとかどういうデザインのものが好きかとか…




まあいいや。またそういうのをどっかで書こう。(これこそターゲットどこやねん…(゜o゜;)

とりあえずあんまり難しいことは考えずにやってみようってことで半年書いてきましたが、こういう小手先テクをちまちまいじるのもなかなか楽しい。

これは引き続き色々遊びながら勉強して、次はちょっと書く内容についても色々やってみようと。

あまりブログで宣伝することは考えていないのですが、誰に届けたいのかは考えねばなーと。

そしてやはり今回のセミナーのキーワードである「相思相愛」を作るためのブログを頑張ろうと思うわけです。

あと普段は教える側の人間として、こういう学びの場は貴重。

國立先生はこういうのはこれで最後だーっておっしゃっていたのですが、また何かしらやってくれると期待しています!

ブログ以外にもいっぱいあるでしょうから全部搾り取りたい(笑)

日々勉強っす。さていろんな先生のブログを漁るぞー!




今日はこのへんで。

この國立先生のパクリもなんか変えてみよう。

う~ん、何がいいかね…。

ほな、きょうはこのへんで。

これでどうでしょう?

変わってない?

え…?どうでもいい…?






・・・






ほな、きょうはこのへんで。




2018年7月7日土曜日

【高校数学】もうすでに高校数学で悶え苦しむ高1のみなさんへ愛を込めて



どうも、個別指導スプリングの塾長です。




Twitterを眺めてて少し話題になってたので、今日は数学のお話です。


2018年7月2日月曜日

英単語コロシアム開催中!



どうも、個別指導スプリングの塾長です。




個別指導スプリングでは英単語コロシアムを開催中!

各学年で必須となる英単語50問をテスト!

成績でランキングを作成します。(個別帳票で点数と順位をお知らせします。)

各学年TOP3は教室で掲示&表彰&スプリングガチャコインを贈呈!

今回は抜き打ちテストです!

大事なのは第2回となる夏休み明け!

今回良い結果を出せなかったならばこの夏休み真剣に英単語に取り組みましょう。

単語力はすべての英語の基礎となります。

これがなくては前に進めません。

夏期講習では単語の暗記法を一から勉強し直す特別講座も実施!

英語が苦手な途中入会の皆さんはとくに単語の暗記法を知らないままここまで来てしまっている感じがしてなりません。

フォニックスを完全理解とまではいかずとも、文字と音の関係に注目し、音節ごとに読むように暗記していけば、単語の暗記は漢字の暗記よりもずっと簡単です。

しかし逆に言えば音を無視して漢字を暗記するように書いて書いてひたすら書いても暗記できるものではありません。

英語が苦手な皆さんは、なんとしてもこの夏、正しい単語の暗記方法を身につけよう!

中学生の単語の暗記に関してはこちらを!



とはいってもなかなか自分で実践するのは難しいのでぜひ一緒に「夏の英単語暗記講座」で一緒に頑張ってみましょう!

そして英語が得意な皆さんはこの夏ワンランク、いやツーランク上のレベルまで単語力を強化しましょう!

以上お知らせでした。




今日はこのへんで!









2018年6月20日水曜日

 間違えた問題はあなたの財産!(間違えることをおそれるな!)



どうも個別指導スプリングの塾長です。





2018年6月17日日曜日

奈良遠征記2018:宴(6月10日:午後の部)完結編



どうも、個別指導スプリングの塾長です。



2018年6月16日土曜日

奈良遠征記2018:SORA高等部で衝撃の再会(6月10日:特別編 その2)



どうも個別指導スプリングの塾長です。




※今回はまったくもって個人的な思い出回想ブログです。予めご了承くださいませ。





2018年6月15日金曜日

奈良遠征記2018:柏ヤンキース奈良侵攻(6月10日:特別編 その1)



どうも個別指導スプリングの塾長です。





2018年6月14日木曜日

奈良遠征記2018:決戦のとき(6月10日:午前の部)後編




どうも個別指導スプリングの塾長です。






2018年6月13日水曜日

奈良遠征記2018:決戦のとき(6月10日:午前の部)前編

どうも個別指導スプリングの塾長です。





2018年6月12日火曜日

奈良遠征記2018:決戦前夜(6月9日:第2ラウンド)



どうも個別指導スプリングの塾長です。






つかの間の休息



第1ラウンド終了後、私は優雅に誰もいない露店風呂に入り余韻に浸っていた。


※写真はイメージ

そんな誰もいない露天風呂で「た~のし~っ♪」って独り言を言ったら…

…奥に人がいた ヮ(゚д゚)ォ! 


メガネとると見えないんですよね。んで私めっちゃ独り言多いんですよ(恥)

ほんと恥ずかしかったです(●´ω`●)テヘ














・・








・・・










・・・

さて第2ラウンドスタートです。


6月10日深夜0時@大和八木駅

わずか数時間前にここではっしー&かずや先生に出迎えられたとは思えないほど濃密な時間を過ごした。

いよいよあの人がやってくる。

きっと金髪でソリコミ入ってるんだろうな…。

多分タンクトップに革ジャン、トゲトゲついたジーンズに人を刺殺しそうな靴はいた人がガン飛ばしながら「ち◯ち◯」って言いながらでてくるんだろうな…。

と思って生まれたての子鹿のようにガクブルしながらドキドキしてると、羊と鼠先生が「お、きたきた!」
















・・







・・・








え?

めっちゃやさしそーやーん(*´∀`*)


「成分の半分はやさしさでできている」くらい優しそうな人。

ということでちょっとほっとして羊と鼠先生後藤溝鼠先生とともに本日2軒目の居酒屋に移動。

そのとき自分で思った。

熱いな、この二人…。



後藤先生は前からすごく好きだった先生。

理由はとにかく熱い人だから。

もちろんTwitter上でしか面識は無かったのですが、すんごい熱いTweetが半分、めっちゃアホなTweetが半分な人で大ファンでした。

一度だけ勇気を出してとあるTweetにリプしてみました。

その内容が「検便」

いやー、勇気出したよ。

だってアイコンがこえーのよ。

イチ先生と並ぶくらいこえーのよ。(突如登場ですがアイコンが怖いで有名なのはイチ先生でしょ笑)

そしたら優しく検便リプを頂き、検便についてしばらく語り合いました。

私的にはもうこれで兄弟の契結んだっしょって思ってたんですけどね笑

やはり天性の人見知りのためそこから先には踏み込めなかった。

検便の話には踏み込めるのに。

このままじゃもう来年の検便までお話できないのでは?そんな不安がよぎりました。

とか思ってたら、なんと最近羊と鼠先生と後藤先生に親交があると伺い、今回の「前のめりで前のりの会」にもお越しいただける運びとなりめちゃめちゃ楽しみにしていました。

見た目とキャラは完全に裏切られましたが、話してみたら印象通りの人。

あー、なるほどって感じで普段のツイートと眼の前の人がつながっていく。

私より若いのに、すんごい落ち着いてて低いトーンでええこと言うたりアホなこと言うたりする気のいいおっさん(笑)

この人生徒にもスタッフにも愛される人やなと。そして人を動かすのがうまいやろなと。

塾の形態が近いこともあってスタッフの育成など塾運営に対する考え方がすごく勉強になる。

あと家族に対しての考え方が近いような気がする(これは勝手に思っているだけ笑)

とにかくカリスマ性を感じる人。

「宮川大輔と桂小枝を足して微分したような」(後藤先生のブログより引用)おっさん(私)とは何かが違う。

(これ書いていると後藤先生のブログがアップされ、読ませていただくと何を褒められているのかはよくわからないけれど、とにかくとても嬉しいことを書いていただいた笑)

暑苦しくないんですよね。アイコンは暑苦しいんですが(何度でもそこは突っ込む)

暑苦しくないのに熱いんですよね。

ずるいなーと。

話してると滲み出ちゃう熱さがいいんですよ。

なんか後藤先生のブログでは私も何か汁的なものが出ちゃってるように書いていただきていましたので滲み出る兄弟ということです(深夜すぎてもうどういうことかわからない)

羊と鼠先生が言っていたことばを思い出す。

「熱い人ですよ」

Twitterってなんやかんや人柄出ちゃうんですかね。逆にTwitterやから出るんですかね。

そもそもね、仕事終わってそのまま終電飛び乗って奈良まで来ちゃう人ですよ。

終電て飲みに出てくるために乗るんじゃないですからね。

帰るためですからね。

電車の使い方間違ってますからね。完全に。

完全ノープランで笑

熱すぎるでしょ!(笑)

てことで羊と鼠先生と後藤先生とともに兄弟の盃を。

(この時点で藤わら先生はしれっと四男に降格。彼はこの事実を翌日Twitterで知ることとなる…)



はっしー先生&かずや先生登場




そうこうしているうちにSORAを見学してきたはっしー先生とかずや先生が合流。

駅まで迎えに行くと、なんか二人ともなんかウキウキしてる。

あー、そう、そうですか、そんなやばかったですかと。

SORAで上江洲先生の授業見学をしてきたお二人。

もう興奮冷めやらぬ様子。

ほんま、あのときのお二人の顔。

めっちゃ難しい問題解けたときの中学生みたいな顔。

大興奮で語るはっしー先生と、首取れるんちゃうんてくらいにうなだれながら嬉しそうに落ち込むかずや先生。

持ってた自身が消し飛んだそうです笑

実は尾方先生が第1ラウンドのときにお土産持ってSORAを訪問しており、その時目にしたのがこの二人が鬼のように上江洲先生に質問している姿だったそう。

まあここからは次回のネタバレになるので書きませんが、30オーバーのおっさん4人が同じく中学生みたいにときめきながらお二人の見てきたものを聞かせてもらいましたよ。

そしてそこからがまた熱かった。

はっしー先生とかずや先生ほんと好き。

なんだろう、まだお会いするの2回目なのに全くそんな気がしない。

多分会った人はみんなそう感じるんじゃないかな。

これもまた二人の魅力。

で、これまた二人とも熱いの。

メラゾーマ系のはっしー先生とベギラゴン系のかずや先生(もう何言ってるか自分でもわからない。午前4時を目前にして意識が朦朧としております。)

戦士はっしーと賢者かずやのほうが伝わる?

二人ともすごいよ。めちゃめちゃ教えるのが好きで塾が好き。どんだけこの道極めようとしとるねんと。

求道者ですな。

だから出てくる話がとにかく面白いし勉強になるんですよね。

(会う前日はっしー先生とはTwitterでずっとドラえもんの話をしていたわけだが。)

早くまたお会いしたい!

あ、そう言えばさっきTwitterで、JD求めて京都に塾出すって言ってたから引っ越し代出そう(当然こういうこと言うのは、はっしー先生)

とりあえず短い時間だったけどかなり熱かった。






アホやといわれるくらい熱い先生になりたい


第2ラウンドもお開きとなりホテルに帰った私。

まだ本番明日ですからね。

なんかこれ書いていてもあのときの興奮が蘇ってくるんですけど、この日はすぐには寝られそうに無かったんですよね。

で、よく考えたら私話に夢中で2件も居酒屋行ったのにご飯あんまり食べていない。

で、コンビニ行って飯買ってホテルで食べてもまだ寝られない。

よし風呂だ。


今度こそ誰もいない露天風呂。

風呂に浸かってたら、第1ラウンドで藤わら先生が自塾の理念語ってたときのこと思いだしたんですよね。

すげーかっこよかった。

羊と鼠先生も理念はすっごい大事って話しされてて、もっとそれ前に出していきましょうって。

私もその理念がすごく藤わら先生と藤わら塾をバチーンと表してて、気持ちがのってるなーと感じたんです。

それがかっこいいなと。

じゃあスプリングの教育理念てなんだ?

実はこれ最近悩んでたんですよね。もう開校6年なんですけど、なんかそんなこと考えることもなく無我夢中で走ってきた。

ただスプリングという名前を付ける前に一つボツにした名前はあったんですよね。

それが「熱血個別」(笑)

まあ女子が7割となってしまっている今のスプリングではやめておいてよかったなとつくづく思いますよ(笑)

ただ、私、実は「熱い」のが好きなんですよね。

まあ普段はただのスタイリッシュなイケメン塾長なのでそうは感じてもらっていないかもしれませんが(おい、後藤!だれが宮川大輔と桂小枝足して微分したような顔や!)

なんかスプリング創るとき、それってどうなんやろって思うようになってしまって、ちょっと斜めに構えたり、脱力系に見せてみたり…、なんか恥ずかしかったのかな。

私、熱血塾長です!っていうのが。

でもこうやってめちゃめちゃ「熱い」塾の先生方とお話してちょっと変わってきた。

誰もそんなもん恥ずかしいなんて思っていない。

みんなめちゃめちゃくてかっこいい。

ちょっとこの「」っていうのをキーワードにスプリングの、そしてわたくし塾長の理念てもんをちゃんと出して見ようかと。

今日ツイートしたんですが多分これは自分が一番大切に思っていること

眼の前にできないことがあると人は諦めてしまう。
でもなかにはそれを苦しみながら、楽しみながらのりこえていこうとする人がいる。
その人を動かすのが「
を持っている人は動くから学び、成長する。
そしてその成長がまた新たなを生む。
だからとんでもない推進力を生むんですよね。
そしてこのは自分だけでなく人をも動かす。

このことを再確認した。

これまで出会った先生みんながすんごいを持っていて、そのが私をここまで動かした。

そしてまたこの古都奈良で尾方先生、藤わら先生、後藤先生、はっしー先生、かずや先生、そして羊と鼠先生がもつとんでもないが私をまた動かそうとしている。

われわれ生徒を動かす仕事やないですか。

私がくなくてどうする?
そんなもん恥ずかしがってどうする。

そのためにアホになろう。ほかの先生からあの人アホやでって言われるくらいのが欲しい。

生徒もスタッフも、何やったら全く関係ない他塾のおっさんたちをも動かすを手にしよう。




な~んて考えてたわけです。すっぽんぽんで奈良の夜景を眺めながら(ほとんど光は見えなかったけど)

このい想いをなんとかうまくキャッチーな言葉を用いてスプリングの理念にできないかな…

うん、結局まだはっきりした形にはなっていない…笑

これからゆっくり考えるぞ!



まあ、風呂に入ってこんなこと考えてるとなんか胸がドキドキしてしまってなかなか出られなかった。

いい露天風呂がついているホテルとってよかったです。ありがとう楽天スーパーポイント!

こうして「前のめりで前のりの会」は閉幕。

そしていよいよやってくるのです。

本当の戦いが。

そして浴びせられてしまうのですね。

圧倒的熱量を!

次回「決戦のとき」 お楽しみに!

(参加した皆さんもうすでに書いているから私が駄文を書く必要があるのかはわかりませんが体力の続く限り頑張ります)

あ、その後朝までぐっすり眠れました。本当にありがとう楽天スーパーポイント!




今日はこのへんで

(昨日に引き続き、ねむたっ!)











































2018年6月11日月曜日

奈良遠征記2018:決戦前夜(6月9日:第1ラウンド)



どうも個別指導スプリングの塾長です。




ついにこの日がやってきました!




奈良は橿原市の学習塾SORA塾長の上江洲先生の元に30名以上の荒くれ武者が全国から集いました。

今日はその報告をブログで…

と、その前に実は私、6月9日(土)から「前のめりで前のりの会」に参加してまいりました。

先に申し上げておきますがこの先うちの生徒が読んでも保護者様が読んでも何も得られるものはありません(笑)

完全に余談です。

というより同業者向けブログです(笑)ご容赦ください。

あと今回は上江洲先生まだ登場しません(笑)そちらもご容赦ください。

ただ先に行っておきます。

今回、上江洲先生のお話から学んだことのひとつが

上江洲先生のカリスマ性は天性のものではなく作り上げたもの
これです。

いや天性だろ。

わかりますよ、でもそう思っちゃダメだなと。

実はこれ、今回の1泊2日の宿泊研修中、何度も何度も実感させられたことなんですね。

詳しくは後ほど。




・・・





ということでお昼には京都駅を出発し人生初の近鉄特急に飛び乗り、修学旅行以来の奈良へ。




奈良につくと嬉しいサプライズが!



はっしー先生とかずや先生!1ケ月ぶりの再会。

Tweetを見て改札出たところで待っててくれました。

おもわず超テンション上がってしまいました(笑)

お二人とはSORAの授業見学ということで駅で別れ、私はすぐ近くのホテルへチェックイン。

そして宿泊先のホテルロビーで羊と鼠先生と、尾方先生と待ち合わせ。

※今回はTwitterでの集まりということもあり、アカウント名でいきます(笑)

尾方先生は4月から3ヶ月連続でお会いしていてそろそろ親戚のおっちゃんのような気がしてきました。(そんな年変わらないんですが笑)

羊と鼠先生もこれで2回目。先生とは7月にまた大阪で再会予定ですのでこのまま行けば3ヶ月連続。

この前夜祭である「前のめりで前のりの会」は羊と鼠先生とTwitterのDMで1週間くらい前から画策したもの。

関東など遠方から参加組は前のりするとは聞いていたのですが

「関西在住で電車に乗れば1~2時間のところなのに前のりするって熱くないっすか?」

こんなのりで前のり決定。

熱いでしょ?(嫁さんには怒られましたが…)

そして密談する中で今回二人でぜひお会いしたいと言っていた先生に、尾方先生からお声掛けしていただきました。

それが尾方先生の師匠(?)でもある藤わら先生

この人すごいのね。Twitterから伝わってくるすげー人感。

特に私は尾方先生から常々お話を伺っていたので本当にお会いしたかった方。

タイムラインの先生方にもファンが多いはず。

岡山から前のり予定だったということで夕方6時ころには合流。

シュッとしとったなー。

藤原先生はシュッとしとります。とにかくシュッとしとります。

Twitterのアイコンが似顔絵なのもあってイメージ通りの好青年が笑顔で改札から現れました。

そんなこんなで第1ラウンドスタートです。




奈良で北海道の料理を食す。

こんなのもTweetするとすぐに北海道の先生が返信してくれたりするのがTwitterの魅力。

とりあえず、熱かったです。

今回は羊と鼠先生には聞きたいこと全部聞いてやるってつもりで遠慮なく真っ向勝負。

塾経営から講師育成、その他ガンガン行きましたがなんでも答えてくれる。

そしてその答えを聞くたびにガツーンとやられる感じ。やっぱり熱い。

まあ、私のブログをちゃんと読んでいる変な人ならこの羊と鼠先生が誰だかわかるでしょうから前に書いた塾訪問記を読んでください。以下同文です(笑)

まあ、これを目当てに行ってるんでね(笑)

この先生に会ってお話をするだけで自分に足りないものが見えて、成長しようという刺激をもらえます。

これまでお会いしたどんな先生も尊敬しているし、会ったら絶対何か吸収してやると思いながらお話してますが、やっぱり私にとってこの羊と鼠先生は私にとってちょっと別格。

熱いんすよ。とにかく熱い。だから楽しいんですよね。

本当に同い年とは思えない。どんなに話しても話足りないですよ。



兄弟の盃


どうでもいいことですが、ここで誕生月でいうと私の方が年上だということが発覚!

で、なぜか私が長男、羊と鼠先生が次男、藤わら先生は3男という30代三兄弟の契の盃を交わしました(笑)



で、今回お話したいのは、その三男坊である藤わら先生

この人はやっぱり凄かった。羊と鼠先生とも話したんですが、熱い!

この前夜祭で藤わら先生から本当にたくさん学びました。

藤わら先生はまだ33歳だったかな?とてもお若い。

ですが本当に面白い塾をやっていらっしゃる。



まだ見学したことがないのですがTwitterやブログを見る限りでの私の印象は「からくり忍者屋敷」(笑)

こないだブログで書いた「塾の仕掛け」、これがすごいんですよね。

すんごい細部にまでこだわって生徒指導していらっしゃるんですよね。

もうこれぞ藤わらイズム。

たぶんTwitterのタイムラインにはたくさん藤わら先生ファンがたくさんいらっしゃると思うんですけど、あれはなかなか真似したくても真似できませんよね?(笑)

普通塾の仕掛けって一見パクるのが簡単そうですが実はそんなことはないという感じ。

でも藤わら先生のは、ぱっと見た瞬間…うっ…パクれない!って思ってしまうものが多い。

自塾の理念のお話も聞かせていただいたんですけど、やっぱりそのへんも凄く明確にされていて、多分めちゃめちゃ完全オリジナルと言うか、自分の理念で一から築き上げている塾って気がするんですよね。(ヒント:「わら」はひらがな)

仕掛けに気合(藤わらイズム)が注入されている感じ(例えが下手でごめんなさい)

だから塾について語ってるときの熱量が凄い。

熱い人だとは思っていましたがここまでとは思わなかったです(笑)

この人見たら最近の若造は、なんて言えない…(汗)

すげーなーと思って聞いてみたんです。あんなことよくできますね、と。

そしたら返ってきた答えが

「自分そういうの苦手だったんですよ!」

















・・











・・・












やられました。

苦手だからできない…。

40を手前にして自分は何やっとるんだと…。

どんな先生も自分が得意なところを武器にする。

では苦手なところはどうするんだ?

その答えを聞かせて頂いたような気がするんですよね。

簡単じゃない。これまた天性のものか!?って思うんですよね。思ってしまえば楽です。

じゃあしょうがないやん。

でもやっぱり藤わら先生もちゃんと自分で「創ってる」。

何ていうんだろうな…。

ちゃんと自分の武器を磨くと同時に弱点をその武器で補っている感じ…。

いや、弱点が自分でちゃんとわかっているからこそ、そこを自分の武器を使ってどう強化していくかしっかり考えている感じ…。

結論から言うと、実は私が藤わら先生の塾をTwitterやブログを読んで凄いなと思っていたところは実は藤原先生の弱点から生まれていたんですよね。

言葉で表現するのが難しいのですがお話を聞いてそう感じたんです。

(多分)大切なのは自分の弱点を客観的に分析してしっかり把握すること。

あれ、なんかこの話、最近どっかで読んだ気がするぞ…、たしか…



あ~、そうそう、これこれ、なんかこの記事読んでたら、なんでも「自分が間違えた問題をちゃんと自分で分析して…
















・・










・・・
















生徒には偉そうに言っておいて、自分どないやねんと…。



結局こういうことですよ。

「苦手やからできひん。あの人ができるのは天才やから。」

こんなんアホな中学生が言ってるのと同じレベルやないかと。

できひん言うてもうたらおしまいです。

チャレンジせな。

ここまではっきりと「苦手だったので」と言われてしまってはもう逃げられません。

「苦手だからやってるんです」ともおっしゃってたかな。

やります。

進化しますよ。明日から。いや今日から。

毎回こんな話をしてます。

でもこの前に進もうって思える推進力をもらうために戦場に来てるんですよ(笑)

ゴリゴリこれからも削ってもらって毎回おんなじこと言うのまあ良しとしよう(笑)




6月9日PM10時

なんて考えてたら、トイレに言ってた次男の羊と鼠先生が戻ってくるなり私の耳元で囁きました。

「ちょっと第2ラウンドに備えて一旦先にホテル戻ります。後藤先生いらっしゃるんで第2ラウンドは0時頃に駅の改札で待ち合わせということで。あ、お会計は済ましときましたんで。





お会計は済ましときましたんで。




・・






お会計は済ましときましたんで。





・・・






お会計は済ましときましたんで。








・・・・















いや、かっこよすぎるでしょ。

こういうとこよ、兄貴!いや次男!

前回に続きまたおごってもらいました。

本当にありがとうございます!ごちそうさまです!
(長男:スプリング 三男:藤わら先生 親戚のおじさん:尾方先生より)

完全中川家風の兄弟やね(笑)

その後も三人でもうちょっと面白い話があったのですがもう眠いので今日はここまで。

あ、でもまだ前夜祭は終わっていません(笑)

この後これまた以前からお会いしたかった後藤溝鼠先生が登場です。終電に乗って(笑)

第2ラウンドのお話はまた後日。

熱いっすよ、第2ラウンドも。




今日はこのへんで



眠たっ!


















2018年6月5日火曜日

【自分のミスを客観視する勉強法】君はそれをまだ「ミス」と呼ぶのか?




どうも、個別指導スプリングの塾長です。






さて続々とテスト結果が返却されています。

今年度最初のテストと入っても、スプリングに通う公立中はほとんどが全学年の範囲からの出題で難易度がさがることがない科目が多い中、全体的に数学は平均点高めかなと。

どうしてもこの時期にテストすると、計算メインですのでしょうがない。

ほんとの「数学のテスト」は次回の期末で、文章題などが出題されるようになってから。

すでにテスト前1ヶ月を切っていますが、これまでの2ヶ月よりも進度が進む、というおかしなことになりますので、気を抜かず勉強する姿勢を維持しましょう(笑)

間違っても今回高得点をとったから、なんていうおかしな勘違いをしないように。




さて、そうは言っても計算問題だから満点がとれるわけじゃあないのが数学。

今回もいましたよ。

「ミスがなければ…」

(ほとんどツイッターでつぶやいてしまったのですがちょっと今日はこれについて少しだけまとめておきます。)




ミスをミスとして処理するのはNG


気持ちはわかります。


返却後解き直したらすぐにできた…。

いつもできていることがたまたまうっかりできなかっただけ…。

ただの計算ミス…。

問題を読み間違えた…。

などなど…

だから本当はできたはずだ!

そう言いたい気持ちはわかります。

ですがそのミスは本当に偶然の産物なのでしょうか?

私は生徒に間違えノートを作るよう薦めています。

もちろんこれはミスした問題のみを書いていくものではありません。

自分ができないものを客観視して一般化して書くというものです。

「自分は何ができないか」をメタ認知することで、「できない」を改善できるのです。

これは「ミス」でも同じです。




計算ミス


あなたは普段計算ミスはしないのですか?宿題ではどうですか?

普段計算ミスをしないのであれば別のところに要因がありますが、そうでないならそんなものは計算ミスではなく計算力不足です。

絶対にミスとは捉えずに自分が理解していない計算であるという姿勢で間違えた問題に向き合いましょう。

例えば次のような問題。






これなんて分子にカッコをつけるだけで「ミス」は防げる。

まずカッコをつけなさいという先生の指示を守らなかったのはミスではない。

能力不足、勉強不足です。

なぜなら間違える子は間違いなくこれまでにも同じ問題で同じ間違いをしている。

この問題は頻出中の頻出問題であり教科書からあらゆるワークでバンバン出てきます。

いったい何回間違えたのか?

おそらくその時「ああ、そうすればできるのね」なんて感じでどうすれば正解するかだけに目が行き、自分の間違いを客観視して分析し何を理解していないのかをりかいしないまま、かつその問題を一般化することなくただの1問にしてしまっているのです。

おそらく塾の先生はまともな方ならそうやって解く方法を指導しているにもかかわらず「はいはい…、そんな面倒なこと言わんでもここをプラスにすればいいんでしょ、はいはい…」ってやっとるから中3の模試でも間違えるのよ。

そして再度言うのですよ・・・


















・・








・・・






ミスしちゃったー!



てへっ♡じゃねーよ(ー_ー;)

結局こういう子は「理解」して直せていないのですよ。

大切なのは「なぜカッコをつけなければいけないのか」

それを理解していないからこそカッコをつけ忘れる。

ミスではない。

これは本当に間違える人が多いのですが、これをミスと言っている以上できるようにはなりません。多項式や分数の性質を理解していないから起きる間違えなのです。

そのようにこの問題に向き合い、しっかり対策をとりましょう。



では7×6=46としてしまったのはミスか?

否。ミスではない。

7×6をおぼえていないのです。本当に完璧ではないのです。

だからこそ7×6が42であること以上に、自分は現状九九の7の段が怪しいことを理解する。





そしてもう一つ大切なことが。

客観視&一般化したものをしっかりアウトプットすることが大切

その方法として私は間違いノートを書かせるようにしています。

これがアウトプットですね。

こないだ紹介したこちらの記事のこのノートもそれに近いです。


ただ高校生のものですし、ミスといった感じではないのでちょっと今回は違うかなと。

中はこんな感じ。




汚い字(笑)ま、人に読ませるものではないですしね。

ただ彼なんかは絶対に間違えを「ミス」とは言わないですね。

そんなことを言ったら私に殺されるからです。

自分が間違えることには必ず理由がある。ミスだと思わずにそれをしっかり分析しない!

と伸びないといい続けた結果がこのノートですから。

しかしこうやってアウトプットすると簡単に客観視できる。

理解したかどうか(ここではもうミスしないように対策が打てたかどうか)はこうやってアウトプットしないとなかなか自分ではわからないものです。



しかしそのアウトプットが簡単なようで、高校生でも難しい。

小・中学生にはさらに難しいことですし、なかなか自分では継続して書いてくれません。

ですから最初、個別指導の良さを生かして直接生徒のノートに私が書き込みます。

こんなイメージ↓(手元に生徒のノートがないのでこちらは私が雰囲気を再現しました)

この間違いは昨日実際に生徒が定期テストでやってきた間違いを再現(笑)


大したことはやっていません。こんなもんです(笑)

ただし心がけているのはこれを「ちゃんと問題読め、あははは、次!」ってしないことです。

大切なのは生徒が自分でこれをやるようにすること。

特に普段の授業時や、自習で質問したときなどに教えてもらったことをちゃんとこうやってアウトプットすることが大切。

いつまでも先生に書いてもらっていても自分の中でちゃんとしたものにはなりません。

これがわかったつもり状態ですね。

ですが、これをちゃんとやってると本当にミスは減ります。

自分がどこでミスをするかわかっていてミスする子はいませんからね。

確実に防げるミスは防げるようになる。

とある元生徒はノートの横にオリジナルキャラクターを描きそのキャラが吹き出しで自分の間違いを解説するようにしている子がいました。

これこそまさに間違いを客観視する姿勢ですね。

今この子はスプリングで講師をしてくれているので、当時のノートをまだ持っていないかただいま問い合わせ中。

その時写真をとっていればインスタ映え間違いなしだったのになー。

もし見つかったらあとで追記します。

ただ一つだけ注意!もっと可愛く書いたりする子もいますが、アホみたいに時間を書けて書くのは禁止。

手段の目的化は避けないといけません。

この子も最後は殺伐とした感じになってました。

あくまでミスをなくしたい。同じ間違いをしたくない。そんな気持ちをちゃんと持てるか。

それが一番大事です。

今回は計算ミスに限定してお話ししましたが、英語では三単現のSのつけ忘れなど生徒の言う「ミス」は山ほどあります。

しかしその一つ一つにミスが起きる理由=自分の理解不足があるということを客観的に見つめ、何より次に同じミスをしないという当たり前のことをちゃんとするためにも間違いノートをはじめてみてはいかがでしょうか?

何かを変えてみる。エネルギーがいることですが、動かなければ何も変わりませんよ。



今日はこのへんで。

























2018年5月28日月曜日

塾の「仕掛け」とは(スプリングにあのカリスマ塾長がやってきたの巻!)



どうも個別指導スプリングの塾長です。




以前にもご紹介した、私がブログを書くきっかけを作ってくださった名古屋のさくら個別指導学院の國立先生がスプリングに遊びに来てくださいました。



早速その日のうちにブログでスプリングをご紹介頂いております。流石です。



感動ですね!

これでスプリングが國立先生のブログで登場するのは3回目。最初の2回は私のブログ記事を紹介していただきました。

國立先生のブログに憧れブログを始めた私。なんか感慨深い。

そして実際にお会いするのは2回目。こないだ名古屋で塾ブログフェスで初めてお会いして以来。

今回、大量の名古屋土産を頂いてしまいました。恐縮ですm(_ _)m



名古屋出身講師も懐かしがっていた名古屋名物えびせんべい「ゆかり」


こちらはお土産キラーの講師に強奪されましたが無事4枚だけ分前をもらいました(涙)

こないだGWにお越しいただいた尾方先生にいただいたお土産も、上の画像の女性講師がGW明けの授業日、授業後にふと目が合うと「あざーす」と言っていつのまにか食べてました。

彼女はもう小6からこの教室にいる重鎮なので逆らえません。もはや主です。

ほんと要注意人物(怒られるな笑)

そしてこのお饅頭、こっちは死守しました(笑)



大口屋さんの三喜羅饅頭

初めて食べた食感!美味しかった!分前としてもらったえびせんべい4枚とともに家族で美味しくいただきました。

嫁さんも子どもたちも喜んでくれました。本当にありがとうございますm(_ _)m

そして私がおもわずテンション揚がって声を出して喜んでしまったのがこれ。



名古屋の地ビール!!!!

以前こんなTweet↓をしたのをおぼえてくださったようでうれしかった!(涙)





こっちもその日のうちに早速一本頂き、今このブログを書きながら2本目をいただいております。

美味しいビールのおかげで筆が進みますよ~♪

國立先生からは「ビール塾長会@京都」の開催を要請されましたのでやるしかあるまい(笑)

貴重な時間を頂いただけでなくこんなたくさん頂いてしまい本当にありがとうございました!






塾の仕掛け



いやいや、頂いたお土産はそれだけではありませんよ。(お土産紹介ブログではない笑)

やっぱりまたまた刺激という名の大きなお土産を頂いてしまいましたね。(上手いこというてる感♪)

國立先生とも話していましたが、ブログフェス以降、参加された先生方の動きが加速しています。

なんだか焦るな-と(;´Д`)

なんか國立先生のその話をしているときのうれしそうに悶えている顔が忘れられません。

動力源となる熱を与えてしまったのは國立先生ですからね(笑)

やはり、ああやって先生が集まっていろいろ話すとすごく得るものがあるんですよね。

もちろんただ楽しいというのもあるんですが、やはりひとつでも吸収したいという気持ちになる。

そして動きたくなる。

ほんと熱エネルギーってすごい。

で、そんな1人である私がもらったエネルギー。今回はその中でも特に私が気になっているところを。

それが「塾の仕掛け」



Twitterやブログを見ていても、どの先生も自塾で様々な仕掛けを実践されています。

それは教務面だったり、経営面だったり様々なんですが、それが気になって仕方ない。

あまりにも壮大な仕掛けから明日にでも実践でき「そうな」仕掛けまで。

ところがですよ…、これが本当に難しい。

明日にも真似できそうというのはお金の面であって、どれもこれも本当に先生方の熱い思いがのっかているので真似できないんですよね。

パクれないんですよ、そう簡単には。

仕掛けってなんだよ?って方に一番わかりやすい例を↓



はい、またまた國立先生ですね。

ブログを書き始めた当初、先生のブログでこの7つの勉強法を初めて見にしたときの私・・・















・・








・・・











・・・、ガツーンとやられました。

勉強法自体はうちの塾でも口酸っぱく指導している、私でなくてもそう思う先生は多いと思います。

でもそれをどう形にしているかなんですよね。

どうやって生徒に伝えているか、そしてそれをどうやって塾の内にも外にも見せていくか=発信していくかということが意識出来ているかなんですよね。

実際、勉強法に関しては私もプリントを作って配布したりしてきたつもりです。

見開き10ページの冊子にして暗記法を案内したことも(笑)

でもそれってこういうものの伝え方として正しいのかなと。

前のめりな生徒には良いけど、勉強から目を背けたい子たちにちゃんと伝わっているのかなと。

それに生徒へは伝わったとしても保護者や外部には?やはり自塾の強みを外へ発信する力って大事ですよね。

そこんとこの工夫までちゃんと出来ているかということですよね。

私はこういった工夫を仕掛けと呼んでいます。

そこへ来てこの記事ですよ↓













・・








・・・











いや、「ちくしょおおお」はおかしいのですけどね(笑)

でももはや嫉妬心ですよ。

おそらくこの掲示物やクリアファイルを目にして、なんかムズムズした気持ちになっている先生は私だけでなく結構多いと思います。

やられたーってなりません?

教務って大事です。どの塾でも大切にしていること。

でもね

教務への熱い思いにこういうエンタメ要素をのっけていく能力こそ國立先生のずば抜けた能力=武器

※勝手に言ってすみません。

パクりて-(;´Д`)

パクれね-(TдT)

でも、この記事内にある國立先生の言葉がガツンとくる

1ミリでも心がけてくれたら1000ミリ結果が変わる気がしてるんです(^o^)

これですよ、これ!

このちょっとした仕掛けで子供たちが動くことがある。

言っても聞かないこと、わからないようなことが、その仕掛けで動き出す。

すごくないですか?

そしてその仕掛けって実は塾の空気を作り出すんですよね。

どの塾をみてもその仕掛けと塾の空気感が一致している。

さくら個別さんにはこんな仕掛けが大から小までたくさんあるんですよね。

もうイメージは「からくり屋敷」です。イメージ(笑)↓




なんか、私はその「1ミリ」を今まで意識出来ていなかったなと、最初から1000ミリ動かそうとしてたかなーと反省。

でもほんとこの仕掛作りは大変。本当に難しい(涙)

もちろんデザインセンスとか技術とか、そういったものはなかなかそう簡単に身につくところではないですし、なにより勉強(努力)せねばなりません。

國立先生はそのへんもしかしたら天才なのかなと。

でもあの後Twitterでおっしゃっていたのですが、好きだからやっているとのこと。

ほんと勉強されている。ブログ見ているといったい何冊本を読んでいらっしゃるのか。

生徒には「勉強にセンスなどない、努力して作っていくものだ」と言っている私。

…まさかのブーメラン(笑)

やっぱり大切なのは研究。日々研究ですよ。勉強も塾経営もやっぱり勝負を分けるのは努力でしかないですね。

実際掲示物つくって貼るだけでもとんでもない労力

それに作って貼るだけじゃ仕掛けなんかになりゃしない。

塾全体で共有し、口酸っぱく渾渾と生徒に伝え続けているからこそ、あの7つの勉強法はパワーを発揮する。

大切なのは継続性と一貫性

確かにズボラな私には苦手極まりない作業。

でもやりたい。

だってこの仕掛作り、楽しそうなんだもん!

楽しいと思うことはやるしかないでしょ!

楽しんでやっていたら私の「ひのきの棒」がいつか「はぐれメタルの剣」になる日がくるやもしれん。

またブログでスプリングの仕掛けも紹介していけたらいいですね。全国の先生をムズムズさせるようなもの!

でも…

今はまだ國立先生はじめ全国の先生のパクリばかり。



このチラシなんてさくら個別さんのチラシをそのまんまパクってますからね(ごめんなさい)

でも初めて見たさくら個別の生徒たちの笑顔!あの破壊力ってすごいんですよ。

教育理念や詳しいカリキュラムなんかを書きたい気持ちになるんですが、そんなものすべてをかき消す力がありますよね。

いや!あの笑顔にこそその教育理念が現れているのであってもっとも外部に塾の強みを伝えているのですよ。

実際このチラシの効果はかなり凄かった。

でもこれもパクる…、真似するのは大変でした。まず写真使用の許可を全員からとらないといけない。

そして何よりちゃんと結果出さないと載せる写真がないですからね。

京都の中学では順位などの資料が学校から出ないので、凄まじい点数アップか高得点しか載せられない。

そもそもうちは進学塾ではないのでね。

でもだからこそこのチラシの破壊力は凄かった。

ほんの半年前までクラスでそんなに大したやつだと思われていなかったような子がどーんとチラシで90点取ったと書いてある。

近隣の塾さんから転塾してきた子の点数が倍くらいになっているわけで。

近所の塾さんも見てくれてたらいいなと(下衆い)

まあパクリはパクリなんですが、パクるのも一苦労ですよ(※パクリを正当化してはいけません笑)

國立先生にはこのチラシの件だけはブログフェスで初めてお会いしたときに謝っておきましたが、今回晴れてこのパクりチラシの現物をお渡しすることができました(何も晴れていない笑)

それとともに、教室にある数々のパクリをご覧頂きました笑(もはやパクリ報告と化した)

でも次お越し頂くときまでになにか國立先生を唸らせるような独自の仕掛けを作っていきたいなと。

國立先生はじめ全国の先生にパクられるような塾にしたい!

なのに今日Twitterで発信したのがこれ↓(なさけない…笑)




まあ、これはパクれないぞ笑(仕掛けとは…)

でもまあ、結構スプリングには他塾さんには真似できないストロングポイントがたくさんある。

特に教務力。

それをどう見せていくかの仕掛けですね。




最近どんな塾にしていこう、どんな塾長になろう?と考えることが多くなりました。

いや考えていなかったわけではないですよ。

そうではなくて考える時間が長くなった。

これは絶対國立先生はじめ全国の猛者たちのおかげ。ほんま猛者だらけ。ほんともさもさ。。。

おかげでやりたいことも増えました。3倍位に(笑)

もう頭の中が洗濯機状態です。

今年は育休期間の私にはもどかしい。

でも頑張りたい。そして楽しみたい。





今日はこのへんで