F
2018年5月9日水曜日

【GWの出会い】もっと「引力」を!(理想の「教務と経営の両輪」のヒント)




どうも、個別指導スプリングの塾長です。



さてGWも無事終了。

GW前に書いた「やることリスト」は半分も出来ませんでしたが、それでもとても充実した1週間となりました。

特に子供たちと一緒に過ごす時間をしっかりとれたので精神的には充電完了です。

どうしてもこの業界、入試が終わったらほっと一息と思われがちですが、実はそんなことなくて3月辺りから入試のストレスから開放されないまま、新年度に向けて雑務が多くなり精神的にはまったくリラックス出来ない状態がGWまで続きます。

ですのでこのGWを年度終わりの長期休暇捉えている先生方も多いのではないでしょうかね。(GW中もずっと開校していらっしゃる超人もいらっしゃいますが…)

ですので1週間はできる限り勉強に関するTweetもせず、極力スルーしながら過ごしていました。

「暗記科目」の件や、「山川の教科書読めない問題」など…(笑)





ただそんな中、今年のGWはこれまでとは全く違ったところがありました。

それが他塾の先生方とお会いする機会をいただけたこと。

つい先日「僕がブログを書く理由」という記事でも書きましたが、Twitterとブログを書いていて本当に良かったと実感しました。






はっしー先生&かずや先生



まずは埼玉から関西へ塾訪問旅の真っ最中だったお二人と難波の喫茶店でミックスジュースを飲みながらお話をさせていただきました。

Twitterを通じてしか存じ上げなかったのでお会いする前はかなり緊張していたのですが、普段のTweetそのままの方々で全く初対面のような気はせず(笑)

本名以外は何書いても良いとおっしゃっていただいたので書きますが、実はもうすぐ二人で個人塾を立ち上げるとのこと。

もう関係ない私が嬉しくて嬉しくて、今から楽しみで仕方がない(笑)

開校したら必ず花持って教室訪問する所存!

短い時間で突っ込んだお話もできませんでしたので私としてはまだまだ消化不良でしたが、来年埼玉を訪問させて頂き、またぜひ突っ込んだお話をさせていただきたいと思っています。

かずや先生にはせっかく国語についてご質問いただいたのに上手くお答えできなかったので、今「理系よ国語を諦めるな!」というタイトルでブログを書いています。

いつになるかはわかりませんがぜひ参考まで(笑)

やはりお二人とお話していて思ったのはスプリングとは別個で一斉指導形式の塾をやりたいということ。






「創心館」訪問




その後難波から、はっし-先生&かずや先生と一緒に電車に乗って創心館を訪問させていただきました。

ブログを読ませていただいたりTwitterで創心館の諸先生方の呟きを見て予想はしていたものの、実際に目の当たりにしてそのパワーに圧倒されました。

当日は憧れのDr. Kawaiが高校生の授業をされていて授業見学をさせていただきまず感動!

いつもTwitterだけでなく夜な夜なツイキャスもこっそり聞かせていただき勉強させていただいていたので、今回”生”Kawai先生に会えて本当に嬉しかった。

Kawai先生はスプリングのような個別指導塾を運営されていた方なので、受験を総合プロデュースするという観点が非常に共感できるといいますか、色々なことを勉強させていただけるのですね。

Kawai先生ともゆっくりお話する時間はなかったので次回はKawai先生の事務所にお邪魔したいとこの場を借りてプロポーズしておきます(笑)




Kawai先生の授業を見ながら数学の授業のヒントを探しながら、果敢に創心館の隅から隅まで徘徊し一つでも多く盗んでやろうと教室をチェックしておりました。

やはり実際に教室を見せて頂くと気付くことが非常に多く大変勉強になります。

その内容はせっかくこっそり盗んだことなのでここには書きませんが(笑)

しかし…今回最も衝撃だったのは…






創心館見学後の”戦い”にて




見学後、創心館の先生方とともに「戦い」に行ってきました(笑)

上の画像が戦いの場(笑)

といっても私は翌日早朝から家族旅行だったため、どうしても終電で帰らなければいけなかったので2時間ほどしかご一緒出来なかったのですが、この2時間がほんの10分位に感じるくらい充実した時間でした。

色々お話を聞いたはずなのですが、途中から一つのことが私の頭を支配してしまい他のことはあまりおぼえていません(笑)

それは隣に座って頂いた創心館の先生になぜ創心館で教えようと思ったのか尋ねたときでした。

何と答えていただいたかは敢えてここでは書きませんが、その言葉に本当にガツーンとやられました。

それこそが創心館のパワーの源であり、私が目指したいものであり、そして私に決定的に足りないものでした。

かずや先生が訪問後にTweetされていた言葉を引用すればそれは「引力」

創心館共同代表の安延先生の引力が凄かった。本当に凄かった。

安延先生は私と同い年。私だって生徒への引力なら…という気持ちはあります。

ですが私にはそこしかなかったということを思い知らされた。

あんなにパワーのある、なんならどこかのやり手塾長だと聞いても違和感のないクラスのギラギラした講師を引きつける引力。

Kawai先生のような化物クラスの先生を顧問として向かい入れる引力。

そしてそんな各先生方がとんでもない引力で生徒たちを惹きつけるのだと。

これが創心館の引力なんでしょうね。

創心館の先生方の待遇や労働条件なんて知りません。

ですが彼らが惹きつけられる創心館の引力の源はそんな簡単なもので作られているのではないというのは明白でした。

私ですら「こんな塾で教えたい」と不覚にも思ってしまうほど。

おかげで先にお暇し、終電に乗って京都へ向かう電車の中、酔った勢いでなんども「くっそー」という独り言を呟くはめに(実際Twitterでも呟きましたが笑)

私はこの京都の学習塾激戦区で生き残りたいのではなく、つまならい塾をすべて淘汰するほどの塾を創り上げたいと考えています。

スプリングには絶対に勝てないと周りの大手塾が降参して撤退してしまうほどの塾を。

いや、そんな大手のしょーもない教室長連中が、自分の無能を嘆き、もう自分には塾なんて無理だと諦めて転職を考えるような塾を。

そのためには私一人でできることなんてたかが知れている。

安延先生のような引力を私が身に着け、創心館のような引力をスプリングが持つしかない。

それは真似をするという意味ではありません。あの引力は真似しても身につけるのは不可能(笑)

私は私なりに、スプリングはスプリングなりの引力を生み出す!

そのためには勉強、いや精進あるのみ!

おそらく教務と経営の両輪というのが大切なのは言われなくてもやっている以上分かっています。

ですが大手とは全く違う理想の両輪の回し方がこの創心館にあった。

これは本当に勉強しなければ。生徒だけでなく働くものが楽しくてしょーがない塾を創る。

これこそが大手には絶対できない個人塾の理想の形ではないかと。

理想の形が見えた以上、自分がこれからやることが明確になったのと同時に、自分が進もうとしていた方向が間違えではなかったということもわかった。

靄がかかっていたところに風が吹いて視界がひらけた感じです。

ただそのために安延先生がどんだけ血反吐を吐きながらこの創心館を創ってきたのかも感じました(違ってたら本当にごめんなさい!)

でもだからこそあんなに楽しそうなんだなと。

私もやはり血反吐を吐かねばなるまい(笑)

でも…創心館にはまだ今回お会いできなかった共同代表の白数先生はじめまだ何人もの猛者がいるんですよね…。

そして夜な夜なTwitterにあがってくる”戦い”の様子。

やっぱりうらやましいな…。

あの夜も私が帰ったあと”戦い”はより一層凄まじいものになったと聞いています。

本当に朝までご一緒したかった。

悔やまれる…。”再戦”希望です(笑)

文章では書ききれないのですがそれほど私は多くのことをこの数時間で経験した。




尾方先生とスプリングで再会


そしてGWも後半戦、家族旅行から帰って来た翌日、この間明石の教室を訪問させていただいた尾方先生が明石から遠路はるばるGWの渋滞を抜け教室に来てくださいました。

ということで教室のお隣、DipJyotiさんでオモテナシ。




スプリングの生徒にはお馴染みのこちらのインド・ネパール料理のお店。

実は私は今回が初めてだったんです。

店員さんは私が隣の人だと気付いてなかった様子(笑)私服だったしね。

にしても美味しかった。まだ行ったことがない保護者さんはぜひ!

すごく評判のお店で、生徒や保護者さんにすごく勧められていたのですがなかなか1人では行く機会がなくて、今回尾方先生を巻き添えにした形です。

当日はGW中のため授業もなく、見ていただくにも見ていただくものがなく…。

スプリングは生徒がいてなんぼの塾だということを思い知らされました。

気がつくと6時間お話していましたが、尾方先生のお役に立てたかどうか甚だ疑問ではありますが、私はまたたくさんヒントを頂いたので早速GW明けからいくつか取り入れています。

なお、尾方先生はスプリングからの帰り道、ヒッチハイクで九州まで行く若者を乗っけて明石まで帰られたようです。

尾方先生を知っていらっしゃる方なら「あー、わかるー」となるでしょうね(笑)

昨日尾方塾は開校1周年を迎えられたとのこと。めでたい!

1年目でしっかり実績を残していらっしゃいますし、これからもっともっと進化していくでしょうね。楽しみです!






6月10日…


と、GW中にお会いした先生方のお話を書いてきましたが、やはり全国各地の先生にお会いするたびに自分が若手に戻っていく感じです。

これは自分の世界が広がっているということであって本当に大切なことだと思っています。

と、同時に自分と同じような思いで戦っている同士がいる頼もしさ、心強さ。

そりゃあパワーアップしますわな。これからもどんどん積極的に絡ませて頂く所存。

少しは人見知りも直さねば。

出会って10分後には即教務や経営の突っ込んだ話をゴリゴリできるくらいにならないと時間がもったいない(笑)



ということで楽しみなのが6月10日

これまたTwitterのおかげで6月10日が非常に楽しみになっております。

上江洲先生主催の集まりが6月10日(奈良)に行われます。

今回登場した先生はもちろん、これまでに私がお会いした先生方もほぼ全員参加。

さらに関東はじめ全国から私がお会いすることを切望していた先生方まで続々と集結。

それだけでももう嬉しくて堪らないわけです。

ですが、未知なるは上江洲先生という存在。

SNS歴が浅く、これまで塾ブログをほとんど読んでこなかった私にとって、本当のことを言うと上江洲先生という存在のデカさをまだ完全には理解できていないんだと思います。

ですが、本当に出会う先生、出会う先生が口を揃えて「上江洲先生はヤバイ」とおっしゃるわけです。

「飲もうか」と言われて、関東の先生方が有給とってまでして前乗りで奈良まで大挙して押し寄せて来るわけですよ。

どないな引力やねん(笑)

こりゃとんでもない経験になるかもしれません。

もう今から修学旅行に行くかの如く楽しみにしております。私も無駄に前乗りする勢い(笑)


・・・



にしてもなんだろう、仕事が楽しい。

スプリング立ち上げて今が一番ギラギラしているかもしれません。

といっても本当に若いわけではありませんので昔みたいには無理は出来ません。

少しづつ少しづつ成長していく所存。焦ると肉離れおこす。

(私事ですがこのブログを書いていると横で嫁さんが「ハッピーバースデートゥーユー」と歌ってくれました。私はどうやら39歳になってしまったようです。)

40歳になるまでの1年でどれほどの引力を身につけられるか…。

今は色んな先生に引かれてばかり。これからは引き寄せる側に行かねば。

誰の真似でもなく私の、そしてスプリングにしかない「引力」で理想の教務と経営の両輪を回していきます。

頑張りまっせ!




今日はこのへんで。





0 件のコメント:

コメントを投稿